ヒゲ脱毛の方法と効果

メンズ向け脱毛での一番人気部位は圧倒的にヒゲです。脱毛を考える男がまず脱毛したいと考えるパーツは髭ということです。男で明らかに無駄だなと思える体毛はまず髭なので、ヒゲが最も人気があるというのは納得です。

さてその髭ですが、他の体毛とは違う特徴があります。

ひとつは毛の生える密集度が高いということ。医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛といった、いわゆる光を照射して脱毛をする方法の場合、照射する面積あたりの毛の本数が多いと、光のエネルギーが分散してしまい効果が下がってしまいます。かといって出力を上げると肌に悪い影響があるというジレンマがあります。

もう一つの髭の特徴は、毛根が深い位置にあるということです。深い位置にあるということは、肌の奥深くまで光を届かせないと脱毛効果が得られないということになります。光を奥まで浸透させるには、光の波長を制御して届きやすい性質に調整する必要がありますので、そういったことが柔軟に調整できる必要があります。

3つ目の髭の特徴は、毛が太いということです。毛が太くて黒いとレーザーなどの光を集めやすくなりますので、この点では脱毛効果を得やいということになります。

こういった髭の特徴を考えると、髭というのは体毛のなかでも脱毛が効果を発揮しにくい厄介な体毛ということになります。また人によって生え方も変わってきますので、個々の生え方によってレーザーやフラッシュの強さをコントロールできるないと効果が薄くなる可能性があります。そういう意味では、強さの制御幅が大きいレーザー脱毛は、髭の脱毛には有利と言えます。

メンズ脱毛では、クリニックでの医療レーザー脱毛がもっとも主流なのもよくわかりますね。